失業保険(雇用保険)の受給 流れまとめ

♡まとめメモ📖✍️
この記事は約4分で読めます。

会社などで雇用保険に加入していた場合、退職すると失業保険(正式には雇用保険という)を受け取ることができるらしい。。。!

ただし、離職した全ての人が失業保険をもらえるわけでもないらしい。。!

申請から受け取るまでの期間や、金額などもひとりひとりの条件によって変わるそう。。難しい。。

申請する書類の準備から提出、受け取れるまでの期間を考えると、面倒に思って申請しない方も多いそうです。。😣生活もあるし。。。😣

ざっくり、雇用保険についてまとめてみた⊂((・x・))⊃

※時期や管轄のハローワークにより変動がある可能性があります。詳細は管轄のハロワへご確認ください。

 

失業手当の受給開始日は退職理由により変わる。。!

失業手当の受給開始日は退職理由により変わります。

●倒産や解雇など、会社都合での離職

→失業手当の申請、手続きから7日間の待機期間後に失業状態と認定され受給。

●自己都合での離職

→7日間の待機期間後に3ヶ月の給付制限期間あり。これがなかなか長く感じそう。

 

受給までの流れ ざっくり①〜⑤

💖①離職票を受け取る

(1)退職が決まったら、会社の担当者(人事?)に離職票発行を依頼

⭐️会社が離職証明書を準備→ハローワークに送付→ハローワークから離職票1、2が発行され、会社に送られる⭐️

(2)会社から離職票を受け取る

既に会社を退職しているので、郵送で届く場合がほとんど。

引越しの予定がある場合は、退職前に送付先住所を伝えておく!

退職後、10日経っても届かない場合(!)は念のため会社へ確認してみる。。😇

 就業中、退職が決まり次第早めに申請することで後の手続きがスムーズ。退職してから申請すると、発行まで待つ期間ができてしまう。。!そして、申請しなくても発行してくれる会社、発行希望か聞いてくれる会社、申請しないと発行してくれない会社などそれぞれなので、必ず確認。申請後、なかなか発行してくれない会社もあるので、いつまでに発行してもらえるかもあわせて担当に確認しておく⊂((・⊥・))⊃

 会社が発行してくれない場合(!)や、雇用主が行方不明(!)の場合は管轄のハロワへ連絡。

💖②住所を管轄するハローワークへ失業手当の申請へ行く

会社から離職票を受け取ったら、住所を管轄するハローワークの失業手当担当窓口へ。

窓口にて書類を提出し、失業手当を受給する条件を満たしているかの確認が行われます。

(窓口でダメ言われら悲しいので、電話で確認してからだと確実。)

 

⭐️当日の持ち物⭐️

・雇用保険被保険者離職票(1、2)

・個人番号確認書類(マイナンバーカードなど)

・身分証明書(運転免許証など)

・写真2枚(たて3㎝、よこ2.5㎝。受給資格者証という紙に貼り付けられます。)

・本人の印鑑

・本人名義の預金通帳または、キャッシュカード(一部指定できない金融機関あり。要確認)

・船員であった方は船員保険失業保険証及び船員手帳(そんなのあるんだ。。!)

 

💖③雇用保険受給者説明会へ参加

受給する人を対象とした、雇用保険受給説明会に参加。

説明会を受講すると受給に必要な書類2点(雇用保険受給資格者証、失業認定申告書)を受け取ることができる。

※今の状況だと、説明会はせず書類の受け渡しのみの対応?

 

💖④失業認定日にハローワークへ行く

指定された失業認定日にハローワークへ行き、求職活動の内容を記載した失業認定申告書を提出。

 日時は指定されている。。!当日、やむおえない理由(突然の病気やケガ、求職先の面接など。連絡と証明できる書類の提出必須)以外の欠席は、給付不可の可能性があるそうです。。!きびしい。ネット情報では、認定日当日に忘れてたの気づいて連絡したら、時間変更の対応してもらえた?ようなこと書いてあったけど、そんなことできるの。。?こわい。ハローワークへ要確認。 

※今の時期だと郵送でも受け付けてもらえるとのこと。必要書類がたくさんあったような。。郵送の場合、受給も少し遅れるらしい。

 

💖⑤失業手当の受給

失業の認定を行った日から通常5営業日(給付制限がある場合は3ヶ月後)に指定した口座に失業手当が振り込まれる。

早いと3日で振り込まれてる人もいたらしい。早い!

以後、原則として4週間に1回の認定日に、失業の認定を受ける必要がある。。!

 

 

 

長い⊂((・x・))⊃

 

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました